タグ・ホイヤースーパーコピーCARRERA 1887 JACK HEUER時計

タグ・ホイヤースーパーコピーCARRERA 1887 JACK HEUER時計

そ裏話をご紹介します。タグ・ホイヤーは2009年12月2日に新しい自社製キャリバー1887を発表しました。少数鷹目を持つ愛好家たちは、1887が見覚えあるもであることに気づき、8日にはタグ・ホイヤーCEOであるJ.C.バビン(現・元タグ・ホイヤーCEO)が、こムーブメントは1997年に特許を取得したセイコーTC78をベースにしたもであると発表しました。1週間前プレスリリースでは、1887をタグ・ホイヤースーパーコピーが100%自社でデザインした」と説明していなければ、こ発表はこれほどダメージを与えることにはならなかったでしょう。また、スウォッチがETAムーブメント供給を制限したことを受けて、スイスと日本企業が提携を結んだことも明らかになりました。

今、それは方法うちだが、我々は良いニュースに移動することができます。セイコーコピーは世界最高ムーブメントを製造しており、タグ・ホイヤースーパーコピー時計へ影響力は、スウォッチがよく使用しているETAムーブメントから著しいステップアップとなっています。広報部門が1887を誤った表現をしたことは残念なことです。それは、実際には非常に優れたムーブメントへ冒涜であり、タグ・ホイヤーにとって真自社製ムーブメントであるキャリバー1969開発へ足がかりとなったからです。

カレラ1887ジャック・ホイヤー エディションに話を戻しましょう。こモデルは、悪名高いキャリバー1887ムーブメントを搭載しており、ブルヘッド配置(リューズと12時位置プッシャー)により、クロノグラフ文字盤を回転させることで、よりバランスとれた配置になっています。さらに、6時位置ランニングセコンドにはサブダイヤルがなく、全体的にバイコンパクな雰囲気を醸し出しています。

非対称ケース自体は、エキゾチックなマイクロギルダーから借用したもで、タグ・ホイヤーコピー時計(当時ホイヤー)が時計製造ビジネスに参入したきっかけとなった、ダッシュボードに取り付けられたラリーストップウォッチを彷彿とさせます。こ時計は、安心感ある伝統的な外観と同時に目を引く個性的な外観を両立させており、45mmという大きな直径も、こ時計柔軟性を損なうことはありません。ケース中央「バレル」はチタン製で、重量は驚くほどバランスが取れていますが、シャツ袖口にフィットするかというと、そうではありません。文字盤が見やすいように傾いているケース角度は、高さを強調していますが、スーツに合わせるような時計ではありません。PR問題はさておき、「カレラ 1887 ジャック・ホイヤー エディション」は、タグ・ホイヤー中でも傑出したモデルです。過去にとらわれることなく、ブランドとそ遺産に敬意を表し、そもそも経緯を無視することなく未来を認めています。キャリバー1887は、それ自体を十分に、そして真に再生させたです。