ロレックス コピーコンバージョンが当たり前になってきました。 しかし、ロレックスコンバージョン中には好評を博しているももあれば、物議を醸しているももあります。 少し前に、新しいロレックス修正されたディトナが発売され、議論を巻き起こし、いくつかはそれが “素晴らしい “と思ったが、他人はそれが “完全に異なる “と考えていた 我々は、これがロレックス時計N級品ディトナであることがわかりますが、そ違いは、そ文字盤がスケルトン化されており、ムーブメントが露出していることです。 スイス時計改造ブランド「Artisans de Genève(アルチザンズ・ド・ジュネーヴ)」時計は、ジュネーブに拠点を置く独立した革新的なnoob 時計メーカーアトリエで、個人顧客に独占的な時計改造サービスを提供しています。

改造はすべて手作業で行われ、サンドブラスト加工されたラグ、インナーコーナー、DLCブラックリューズなど、時計細部に至るまでジュネーヴ工房職人手で仕上げられています。 ケースとクラウンはブラックDLCでコーティングされています。 ロレックス スーパーコピー 販売116520オリジナルスチールベゼルとは異なり、今回改造時計はセラミックベゼルを採用しています。 もちろん、ブラックリングもセラミックリングも珍しいもではありませんが、こ時計最大特徴はムーブメントがスケルトン化されていることです。

そ他点では、ベーシックなディトナとは異なり、修正された文字盤はアシンメトリーなデザインとなっており、時間表示文字盤は赤と白2色で、周囲マットな黒とコントラストで整然とした印象を与えています。 スケルトン化された振動錘デザインは、主にルーベンストリムにインスパイアされています。21ctゴールド製で、完全に機械加工され、手作業で面取りされた後、ブラックDLCコーティングが施されています。